副業おすすめランキング一覧2017年11月号
ホーム > 副業メニュー > 政府は副業解禁を原則容認

政府は副業解禁を原則容認

国民の収入を増やして経済をより一層活性化させるために、政府は副業解禁を原則容認することとなりました。

jobside23.gifそれぞれが所属している一つの職場だけに留まるのではなく、新しい仕事を始めたり異なる団体の中で働くことによって日本全体のマンパワーを成長させていこうという取り組みと言えます。しっかりと健康管理を行った上で副業を解禁することで、新しい価値観や新たなビジネスチャンスを手に入れることにも役立ちます。大きな課題となっていた人材不足にもメリットとなるのです。
さらに、副業で一人一人の可能性を広げることによって、効率性やコミュニケーション能力を高める効果も期待できます。資格を活かして活躍できる職業も多くありますので、国全体にとっても税金収入が増えるという利点があるのです。このように、国の財政が逼迫している現状では大幅な給料アップを叶えることは難しいため、足りない分はそれぞれが稼げるように国が後押しをしているといえます。

これまで大手企業は本業がおろそかになるから、情報が漏洩する恐れがあるからという理由で副業を禁止していましたが、ここさいきんは解禁する傾向にあります。その理由として、優秀な社員が副業をすることによって、他の企業やプロジェクトから依頼を受けることが増えて、さらに実力をつけることができると前向きな考え方をするようになったからです。また、在籍している企業が副業を禁止していると、その社員は自分の実力をのばすことができない仕事場だと判断して、退職をする可能性が出てくるようになりました。そこに危機感を感じた企業側は、優秀な社員を逃したくないという意向から、副業を解禁することが増えてきました。また、給料面でもさいきんは大幅なベースアップは見込めない状況になっています。そうなるとやはり転職を考える優秀な社員が出てくる可能性があるので、優秀な社員を手放すくらいであれば、副業を認めても在籍してもらったほうが良いという判断をしています。


記事はお役にたてましたか?

記事にご興味をもっていただけましたら、
以下のソーシャルボタンで共有していただくと嬉しいです^^

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
このエントリーをはてなブックマークに追加